CAGR(年平均成長率)を計算しよう!

CAGR計算機
スポンサードリンク

【CAGR計算機の仕様】

  • 計算結果は小数点第二位まで表示されます。(四捨五入)
  • CAGRの計算式は下記に示してあるものを採用しています。

CAGR計算式

エクセル(Excel)を使ったCAGRの求め方

エクセルを使ってもCAGRを求めることができます。
下記のExcel版CAGR計算式では、

  • 「現在価値(Present Value)」をA1セル
  • 「将来価値(Future Value)」をB1セル
  • 「年数」をC1セル

に入力すると、年平均成長率が求められるようになっていますので、
D1セルの関数に下記の計算式を設定すると良いでしょう。

また、そのままではパーセント(%)の形になっていないので、
D1セルを右クリック>セルの書式設定>パーセンテージ>小数点以下の桁数を2
などと設定すると見やすくなります。

スポンサードリンク

動画でエクセル版CAGRの求め方を解説しています。

 

CAGRとは?

CAGRというのは、
「Compound Annual Growth Rate」の略のことです。

CAGR(年平均成長率)を計算することによって、
指定した期間の平均年間成長率を算出することができます。

CAGRの活用方法 たとえば、A社の売上げを分析する場合には、
毎年のCAGRを求めるのも良いですが、
5年や10年単位でCAGRを求めたり、
または、売上げが上昇している期間、下降している期間のCAGRを求め、
売上げの棒グラフと合わせて表示すると、
わかりやすい分析となるかもしれません。

日本語でいうと、「年平均成長率」と訳されているので、
「Compound Average Growth Rate」と表記している解説サイトもありますが、
海外のサイトを見ると「Average」ではなく「Annual」が使われています。

また、日本語のCAGR解説サイトを複数見ると、
計算式の違いに気がつくかもしれません。

当サイトのCAGRの求め方は、上記に示してある通りですが、
計算式は、日本でMBAを取得できるスクールのテキストや、
海外の有名なサイトと同じものを使用しております。

免責事項・注意点

当サイトのプログラムや文章には正しいものを掲載するように努めていますが、
その内容を保証するものではございません。

最終的なご判断は、ご自身の判断においてご利用くださいますようお願いします。
当サイトをご利用するに当たり生じた一切の不利益に対して、当サイト管理人は責任を負いません。

感想や不具合報告はこちら

 

サイト内検索

最近のCAGR

最近の計算結果100件から、
10件をランダム表示しています。

【更新日時】
2018年08月14日 22時48分44秒

【単位(%)】

  • 1.11
  • 17.02
  • 4.42
  • 19.09
  • 3.96
  • 1.13
  • 10.67
  • 8.78
  • -3.30
  • 196.92

モバイルCAGR計算機

当サイト情報

掲載サイト

ヤフーカテゴリ登録サイト